初めての風俗面接。心がけたいことは?

風俗面接ではどんなことに注意しなければいけないのか?面接官との上手なやり取りとは!? - 面接時に必要なこともある身分証明書の意味とは

アーカイブ

面接時に必要なこともある身分証明書の意味とは

岡山の風俗でお仕事をしたいと求人を探して面接まで進めることが出来たという方もいらっしゃるでしょう。
面接を受ける際に「持参するもの」が求められる場合もあります。
その中で、身分を証明できるものをと指定されることもあるでしょう。
ではなぜこのようなものが必要となるのでしょうか。

■本人確認をするために確実なもの

風俗でお仕事をしていただくためには、18歳以上であることが法律的な条件となります。
もし、これに反してしまうと店舗側も罪に罰せられる可能性があるということになるのです。
ですから、面接の段階で身分証明書を提示してもらうことによって確認作業を行うのです。

■コピーをとられたという方へ

中には、身分証明書のコピーをとられたという方もいらっしゃるでしょう。
そして、風俗でお仕事をしたいという方の中にはこの部分に不安感を抱く方も少なくないようです。
身分証明書のコピーですが、3年間は店舗側にて保存されます。
しかし、確認と本人証明目的以外には使用されることはありませんのでご安心ください。
法律的に定められていることなので、納得しておくことが大切です。
契約をせずとも、体験入店制度を利用する場合にもコピーをとられることもあるでしょう。

■虚偽はしないようにしよう

提出することが嫌だという理由で虚偽の身分証明書を提示する。
そのようなことは法律的にも禁止されていますので、絶対にしないようにしましょう。
もし、納得できないという場合には風俗でのお仕事は難しくなるかもしれません。

■身分証明書提示の理由を知ること

今回は、面接時にも必要になることも多い身分証明書について見ていきました。
「何故必要なのか」と疑問に思われる方もいらっしゃると思います。
こうした理由をしると安心感をもって面接に挑んでいただけることでしょう。

関連する記事